山口県柳井市 総合建設業 井森工業株式会社

安全衛生への取り組み

HOME 企業情報 井森工業の取り組み 安全衛生への取り組み
安全大会の実施
安全大会の実施

毎年6 月に安全大会を開催し、安全に関して模範となる協力会社事業主、弊社現場担当者の表彰を行い、安全意識向上に努めています。

安全パトロールの実施
安全パトロールの実施

安全環境課と工事部門による安全パトロールでは、現場毎で行われている「無事故対策」の確認と、現場では気付き難い事故要因の発見などを目的として毎月実施しています。

安全衛生委員会の実施

安全衛生委員会の実施

安全衛生委員会を毎月1 回実施し、安全パトロールによる是正項目の確認、安全衛生に関する法改正の周知等を行っています。

5S運動

5S運動

全社員による5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の徹底により、職場環境の向上に努めています。

送り出し教育の実施

現場事故の被災者で多くの割合を占めるのが、現場に入ってから1 週間未満の新規入場者です。
事故防止のためには新規入場者への安全管理が重要となることから、井森工業では「送り出し教育」の実施に取り組んでいます。

OHSAS18001 認証取得

井森工業では、労働災害を無くし、当社で働くすべての人に対する良好な職場環境づくり及び健康の増進を図るため、 労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格「OHSAS18001」を認証取得しております。
これからも安全で快適な職場環境を創造するため、誠実な業務の継続的改善に取り組んでまいります。

労働安全衛生方針

基本理念
井森工業株式会社は、協力会社と連携して安全衛生活動を組織的に実施する事により、働く全ての人々が、安心して、安全にかつ健康的に働くことのできる企業を目指します。
基本方針
  • (1)基本理念達成のために、当社は、技術上・経済上の可能な範囲で労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、運用し、継続的に改善するとともに、労働安全衛生パフォーマンスを改善します。
  • (2)労働安全衛生に関する法令・規則や、当社が受け入れたその他の要求事項を順守し、労働安全衛生管理のレベル向上に努めます。
  • (3)当社の事業活動による労働安全衛生リスクを充分考慮して、下記の労働安全衛生活動を行い、負傷・疾病を未然に防ぎます。
    • 1)墜落・転倒、重機、クレーン作業におけるリスクの低減
    • 2)作業行動におけるリスクの低減
    • 3)肉体的・精神的な健康障害リスクの低減
  • (4)労働安全衛生に対する理解と意識を向上させ、労働安全衛生目標を達成することに向け、全要員に対して周知し、啓発活動を行います。
【 活動、製品及びサービスの範囲】 土木・港湾構造物の施工、 建築物の設計及び施工

健康への取り組み

健康事業所宣言 ヘルスアップチャレンジ2017 を策定しました。
現在、従業員の健康を重要な経営資源と捉え健康増進に積極的に取り組む「健康経営」が注目されております。
弊社におきましても重点事業として健康経営の推進を掲げていることから、このたび「健康事業所宣言」を宣言し、下記の通り健康プランを策定いたしました。

メンタルヘルスについて

現在、仕事に関する強い不安・悩み・ストレスを感じる方の割合が増え、メンタルヘルス対策の取り組みが重要な課題となっています。
2014年(平成26年)6月に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度(ストレスチェック制度)が創設されました。
井森工業では、全社員に対しての「外部委託保険機関」による健康指導など、社員の心と体の健康を守り、快適で安心、安全な職場環境作りに取り組んでいます。