山口県柳井市 総合建設業 井森工業株式会社

総合建設会社の仕事とは

HOME 採用情報 総合建設会社の仕事とは

建設業界のしくみ

建設業は大きく分けると、道路やトンネル、河川や橋、水道・下水道などの社会基盤を整備する「土木」と住宅・学校・病院などの建物を建てる「建築」に区分されます。
建設業法では、工事内容や施工方法の違いから29業種に区分し、このうち「土木一式工事」「建築一式工事」を請け負うものを「総合建設業者」と呼び、大工工事、左官工事などの専門工事を請け負うものを「専門工事業者」と呼びます。 総合建設業者を英語で表すとGeneral Constractor、略してゼネコンなどとも呼ばれています。

総合建設業者と専門工事業者の違い (建設業法による工事分類)
井森工業は総合建設業の会社です。

井森工業は山口県柳井市を拠点に総合建設業者として事業展開をしています。
総合建設業者は、上記の分類による土木一式工事、建築一式工事をお客様(発注者)から請負い、工事全体のマネジメントを行います。私たち総合建設業者が手掛けるのは、病院や学校、道路やトンネル、ダムなど高度な技術力が求められる工事。各専門技術にたけたプロ集団(専門工事業者)を集め、プロジェクトのリーダーとして工事が安全かつ予定通りに進行するように統括することが私たちの役割です。

現場では

施工計画や品質管理、工程管理、安全管理、原価管理、発注者との折衝など工事の総合的なマネジメント業務に従事しています。

会社全体では

営業・企画、設計、積算、資機材の調達、支払業務など、さまざまな役割の人が働いています。
それぞれの部署が連携・協力をしながら、工事を完成させていきます。

どのような仕事を請け負うのか?

道路やトンネルなどの「土木工事」の受注は、ほとんどが公共工事になります。
公共工事は、入札により受注業者が決まります。工事の規模によっては、ジョイント ベンチャー(JV)として他業者と共同で請け負うこともあり、ダムなどの大型工事は全国大手ゼネコンとJVを組むことがあります。

土木工事(トンネル工事)

土木工事(ダム工事)

「建築工事」は、学校や行政施設などを手掛ける「公共工事」と、工場や商業施設など企業の施設やマンションなどを手掛ける「民間工事」の2つに区分されます。民間建築工事では、お客様の視点に立ちながら、これまで培った実績・経験をもとにお客様に提案し、お客様の希望の形にするような「設計から施工」までの仕事もあります。

建築工事(公共工事)

建築工事(民間工事)