山口県柳井市 総合建設業 井森工業株式会社

若手社員からのメッセージ

HOME 採用情報 先輩社員から 若手社員からのメッセージ

一つのモノを作り上げる喜び

工業系の高校を卒業して入社、早くも六年が経過しようとしています。私たちは施工管理を主にしていますが、先輩方の職人魂には時に圧倒されることもあります。みんなプライドを持って仕事をしている。私の仕事は現場所長の補佐、しかし責任はあります。体育施設の工事でも、協力会社の取りまとめ役の指示を受けました。建築の仕事って、協力会社の職人さんがそれぞれ受け持った部署でベストを尽くさないと良いものが造れない。だから苦労もあったけど、完成した時の達成感は何ものにも代えることが出来ない。職人さんにも色々教えてもらいました。先輩方は聞けば嫌な顔をせず、いろいろ教えてくれます。でも今の目標は、早く一人前の現場監督になること、そして、新入社員に仕事の心構えや手順を教えることが出来たらと思っています。

今はとにかく経験を積むこと一つ一つが成長に

柳井で育った私としては、地元に貢献しようなどと高い目標はなかったのですが、地元の会社に勤めて一人前になるという志を持っていました。入社して6 年目になりますが、これまでに学校や公共施設そして住宅など多数の現場に携わり、貴重な経験を積まさせていただきました。細身の私でもヘルメットをかぶると身の引き締まる思いがします。高校の大規模改築の現場では、現場の所長さんと相談しながら、工期の短縮について協力会社の皆さんと議論したことが頭に残っています。この時コミュニケーションの大切さを知りました。当社の技術力は定評のあるところ、でもそれを私たちが引き継いでいかなければ意味がありません。大きな仕事をやりきることが目標ですが、そのためにはもっともっと勉強して、経験を積まねばならないと思っています。

一人前の現場監督を目指して

大学を卒業して今年で入社4年目です。専攻が土木工学科ということもあって県内の建設会社に絞り込んで就職活動をしました。県内数ある建設会社から当社を選んだのは、知名度もあって県内有数の規模を誇っていること、それに親戚からもあそこなら安心できると言われました。入社が決まったとき両親も喜んでくれました。入社当時は右も左も分からず、慣れない環境に身を置くことの不安で頭がいっぱいでした。現在は上司や先輩方のご指導もあり、少しずつ現場の流れがつかめるようになり、プロジェクトの一員として働けることに充実感を持てるようになりました。これからも経験をたくさん積んでスキルアップし、現場を任されるようになった時、親族や友達にこの道路や橋は僕が携わったと自慢げに言えるようなりたいですね。

マイナビ2018